学術大会

第62回学術大会 ※終了しました

 ◆開催日:2016年7月9日(土)
 ◆会場:愛知学院大学日進キャンパス 学院会館
      〒470-0195 日進市岩崎町阿良池12 пF0561-73-1111(代)

 ◆受付開始:9時00分(学院会館2階入口)
 ◆開  会:9時30分(1階ホール)
 ◆会長挨拶:9時30分(1階ホール)
 ◆研究発表:9時35分〜(発表時間20分、質疑10分)(1階ホール)
 1.『バカヴァッド・ギーター』註に見られる「アートマン」の用例
    −シャンカラ・ラーマヌジュ両註を比較して−
       紅林直也(愛知学院大学大学院)(9:35〜10:35)
 2.シャーンタラクシタの知覚論について
       秦野貴生(大谷大学大学院)(10:05〜10:35)
 3.シャーンタラクシタの言語哲学
       石田尚敬(愛知学院大学)(10:35〜11:05)
 4.曽我量深の往生観における唯識思想の意義
       高木祐紀(同朋大学佛教文化研究所)(11:05〜11:35)
 5.親鸞における信心獲得の内実
    −「現生十種の益」を中心として−
       伊東恵深(同朋大学)(11:35〜12:05)
 昼食(12:05〜13:30)
 理事会(学院会館 会議室)
 6.仏者の病気の受容 −『頓医抄』巻十二の病因を中心に−
       進藤浩司(愛知学院大学非常勤講師)(13:30〜14:00)
 7.古活字版A種本『録内御書』に関する二三の知見
       堀部正円(日蓮正宗教学研鑽所)(14:00〜14:30)
 8.法然と南都浄土教について
       齋藤蒙光(東海学園大学共生文化研究所)(14:30〜15:00)
 休憩(15:00〜15:15)
 9.近世天草における曹洞宗の展開
    −『寺籍財産明細帳』の検討を通じて−
       三浦雅彦(愛知学院大学非常勤講師)(15:15〜15:45)
 10.南北朝時代における禅僧の伊勢信仰と外宮祠官
       多田實道(皇學館大學)(15:45〜16:15)
 11.インド新論理学における動詞語根の意味とその研究意義
       和田壽弘(名古屋大学)(16:15〜16:45)
 ◆会員総会:16時45分〜17時15分(1階ホール)
 ◆懇親会:17時20分〜19時(学院会館2階グリル)

※会場についての詳細は、 愛知学院大学のホームページ(http://www.agu.ac.jp/)にて ご確認下さい。

◇研究発表・懇親会の出欠のご連絡は、会員にお送りした葉書にご記入いただき、6月3日(金)までにお返事ください。
◇学会費未納のかたは、当日受付でお納め下さい。
◇懇親会費(一般3,000円、学生1,000円)は、当日受付へお納め下さい。

inserted by FC2 system